小・中・高の一貫指導と少人数定員制の学習塾
0120-145510

2020年11月29日

【倉田教室より】受験生の皆さんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg


 12月に入りました。寒さが増し,本格的な受験シーズンに突入です。中3生,高3生の皆さん,体調崩されていませんか? 1日も無駄にすることなく常に勉強に打ち込める状態にできるよう,体調管理をしっかりしておきましょう。この本文を書いている私にも言えることです。


さて,倉田教室から皆さんにお伝えしたいことは2点です。

@入試本番では奇跡は起こらない! そして普段以上の力は出ない!

 入試で,奇跡が起きた,神がおりてきた,いつもよりよくできたなどたまに聞く言葉ですが,それは感覚的なものであり,例えあったとしてもそれはごくごく稀なことです(自分の予想していた問題が出題され,その問題は思った以上にできた,はあります)。普通はそんなことは起きません。

 特に緊張感ある入試本番では普段通りの力が出せれば万々歳であり,多くの生徒さんは「普段の力が出せなかった」「いつもよりできなかった」が普通です。つまり,ポイントは『普段の力を最大限upさせ,それを入試本番でいかに100%に近い形で発揮できるか』です。皆さん,入試本番では普段勉強していることがそのまま形となって解答に表れます。普段の勉強は,妥協することなく1つ1つ丁寧にすすめていきましょう。


A入試本番,後半の問題を解くための力を残しておけ!

 多くの入試問題は,最後の方に,多くの集中力を必要とするやや難しい問題が出題されます。「最初の方で頭を使いすぎ,後半の問題を解くのに,集中力も切れ,問題を解く余力が残っていなかった」はよく聞く話です。特に高得点を狙うには,後半の問題の攻略が欠かせません。

 したがって,前半の問題で頭を使わず,時間もかけず,いかに楽に解くかがポイントになってきます。特に数学では,解答を出すためにいくつかの方法があり,上記のポイントを満たす方法を身につけてほしいです。答えが出ればどんな方法でもいいという訳ではないということです。『ここぞというときに,抜群の集中力をもって全力で取り組める力を残しておく』ために,普段から楽な方法で問題を解けるよう,訓練していきましょう。


これからも皆さんを全力でサポートしていきます。一緒に大きな壁を乗り越えましょう。


posted by スタッフ at 11:13| 日記

2020年11月26日

【大元教室より】受験生の皆さんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

” 最高の準備をして本番に臨む "

 コロナ禍による先を見通しづらい状況の中、朝晩の肌寒さを感じる時期にもなり、ますます体調管理に注意しなければならなくなりました。受験生のみなさんの中には、すでに入試が始まったという人もいるかとは思います。良好な状態で本番に臨めるように、睡眠や食事にも気をつけた規則正しい生活を心掛けてくださいね。入試に向けてしておきたい準備の一つだと考えてもらえればと思います。
 次に学習面においての準備についてです。入試当日に、合格するために必要な合計点は何点なのか。そのためにはどの科目で何点取ればよいのかをまずは考えてください。そして、今度はその目標点に到達するにはどういう勉強をすればよいのかということを計画して実行することです。これを最後までやり抜くことは簡単ではありません。「もっと勉強しないといけない」と思う時はあるがなかなか続かない人や、「ちょっとサボってこのぐらいでいいだろう」と甘く考えてしまう人などいるのではないでしょうか。努力は自信の裏付けになります。受験生のみなさんが今するべき努力、それは学習の積み重ねに尽きます。『もうこれで満足だという時は、すなわち衰えるときである。』これは新しい1万円札の顔に決まった渋沢栄一さんの言葉です。自信をつけるための努力は最後までずっと取り組むべきです。
 本番までの時間は残り少なくなってきています。みなさんが最高の準備をして本番に臨むことができるように、我々も全力でサポートしていきたいと思います。


posted by スタッフ at 00:00| 受験生応援プロジェクト

2020年11月19日

【庭瀬教室】から受験生の皆さんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

cam2.jpg



庭瀬教室より

1022日の応援プロジェクトに

「勉強はスポーツと同じ」

とあります。


今回はその追加です。


わかったらできるのか。→違いますよね。

できたら点が取れるのか。→これも違うんですよ。


これがあまりわかってもらえない。でも、スポーツに置き換えるとわかります。

わかっても繰り返し練習しないとできない。怠けるとできなくなる。

そしてできるようになっても試合でできるとは限らないし、点を取る、勝利するのは思い通りにはいかない。


「過去問をやったって、絶対同じ問題がでないんだから意味がない。」と言い切った人がいます。では何をするのかしら。

一度受けた模試を全科目5回やり直した人がいました。次の模試で20点アップしました。もちろん同じ問題は出ていません。


これを読んでいる人、過去問をやってみてください。答え合わせをして、同じものをもう一度やってみましょう。同じ問題ですから点はあがりますよね。当たり前とわかっていてもうれしいですよね。ちょっと自信がわいてきたりして。では、さらにもう一度やってみてください。もう答えを覚えちゃいましたか?どこでへまをしたか問題を読み始めたらわかりますか?


大事なことが見えてきましたか。5回やらないうちに、自分がやらなければならないことが見えてきましたか。

自分に問いかけてください。

見えない人は別の過去問を5回やってください。必ず自分の力になります。


明修塾は頑張るみなさんを応援します。

posted by スタッフ at 00:00| 受験生応援プロジェクト