小・中・高の一貫指導と少人数定員制の学習塾
0120-145510

2021年02月24日

【大元教室より】受験生の皆さんへ

大元教室


受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

 いよいよ入試当日が迫っている時期だと思います。いざ本番に臨むとなると、緊張してしまう人もいるかと思いますが、みなさんはどうでしょうか。

 試験で緊張してしまうのは、準備不足で不安だとか、試験に慣れていないとか、失敗は許されないというプレッシャーを感じてしまうことなどが原因だと思われます。

◎緊張をほぐす腹式呼吸について

呼吸が浅いと上半身が緊張しやすくなるため、あがりを引き起こす原因になります。腹式呼吸は横隔膜とその周辺の筋肉を動かします。胸式呼吸の5倍〜6倍の空気を吸うことができるので強くて深い呼吸ができます。

1.お腹を意識する。
 おへそから指三本分あたり下に手をあてます。このあたりをしっかり意識します。

2.口から息を吐く
 お腹をへこませながらゆっくりと口から息を吐きます。お腹がペッタンコになるくらい息を口から吐ききりましょう。

3.鼻から息を吸う。
 引っ込めたお腹をふくらませながら鼻から十分に息を吸います。口から息を吐き、鼻から吸うのをくりかえします。
(メディアで紹介されていました。参考まで。)

 もし緊張してしまっても、体得していることであればさほど影響はありません。本番で実力を発揮するには、少しでも努力を積み重ねることが最も重要です。最後までしっかりと練習を継続してください。

posted by スタッフ at 16:30| 日記