小・中・高の一貫指導と少人数定員制の学習塾
0120-145510

2020年12月09日

【西阿知駅前校】から受験生の皆さんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

【西阿知駅前校より】

12月も3分の1が過ぎようとしています。だんだん太陽を見る時間も短くなり、今年もわずかになってきたことを感じていることでしょう。さらには定期テストの結果が返ってきて、周りを見ては焦りたくなる気持ちを持っている方もいると思います。


今回は「時間設計」についてです。


時間の大切さには気が付けてはいるものの、中々上手く扱えないものでもあります。また「設計」するにしても長い目で見ることができる時と、短期集中でやらなければならない時では、全くの別物です。


ここでは、短期集中型の話を取り上げて話をさせていただきます。


まず、短期集中型でのデメリットは分かり切っていることではありますが、時間がないことです。では、メリットはと言うと「逆算」が容易であることです。時間が限られている分、設計するのにもより具体的に物事を決めることができます。


ここから勉強スケジュールの設計に入っていきますが、一番大切なのはイメージすることです。そのためにも書き出しましょう。まずは焦らず今の成績から分かることや苦手分野を絞り出してください。次にそれを克服していく道筋を立てていきますが、一回で全てが終わるとは考えず、繰り返し練習する時間の確保が必要です。また自分の思っている2倍も3倍も時間はかかりますので、余裕のある時間スタイルで設計しましょう。特に週の一日は空けておくをお勧めします。時間が余ればやる内容を繰り上げて進めることができるので、ラッキーです。スケジュールがパンパンで終わらないことをするより、気持ち的にも楽にはなります。


これを受験一週間前まで取り組んでみましょう。


 ラスト一週間は今持っている力を最大限出せるように、勉強スケジュールとは別に体調の管理が最重要の課題になります。100%の力を出すためには元気がないといけません。気持ちや身体も同じくらい大切です。


 勝負の一日を勝ち取るためにも、限りある時間を有効活用していきましょう。


いつでもあなた達を応援しています。

続きを読む
posted by スタッフ at 21:50| 受験生応援プロジェクト

2020年12月02日

★2020年度:明修塾冬期講習募集中★

★2020年度:明修塾冬期講習募集中★

「冬に仕上げて未来につなげる!」

対象:小1〜小6,中1〜中3,高1〜高3

明修塾では12月から冬期講習を開講いたします。ここまでの復習を行い,実力アップをはかります。

ただいま「冬期講習申込特典」キャンペーン実施中です。

■12/1(火)〜12/19(土)までに「冬期講習」にお申し込みの方に,下記のいずれかをプレゼントいたします。

A 図書カード2000円分

B スターバックスカード2000円分

C Quoカード2000円分

*お申込み教室までお問い合わせください。

各教室のスケジュール等はこちらをクリックしてご確認ください。









タグ:MUST
posted by スタッフ at 16:56| 日記

2020年12月01日

【倉敷本部教室より】受験生の皆さんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

とうとう2020年も残り1ヶ月を切りました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。
今年は私の人生の中でも激動の年であったと思います。
全国一斉の休校要請など起こるとは昨年まで想像すらしていませんでした。
積もる話もあるのですが、一旦忘れて、ここからが本題です。

倉敷本部教室から「期待されること」についてお話をしようと思います。

君たち生徒一人一人は大小あれど、親や大人から期待されています。
それに対して「面倒だから放っておいて」、「自慢のためでしょ」などと一蹴する生徒の声を聞いたことがあります。

私たちが君たちに期待をしている意味が分かりますか?
それを大人になってようやく理解できるようになりました。
答えは「君たちに自分の夢を託した」ということです。
この歳になると「あの時、こうしておけば……」という後悔は山ほどあります。中でも無駄な時間を過ごしたことが何よりの後悔になります。私の場合は睡眠をとり過ぎたことです。あの昼寝を少しでも勉強に当てていればと嫌でも考えてしまいます。勉強が全てではありませんが、人生の充実や濃さを薄めるには十分な行動であったと反省しています。

話が脱線しました。
私の好きな言葉に「子どもの夢は親の夢」というものがあります。
親は子どもが夢を叶えるのを夢見ています。
自分たちの夢を子どもに託して、自分の夢にしたのです。
親というのは、家族というのはそういうものなのです。

だからこそ、どれだけ疎まれようが口を挟みます。
自分が失敗した経験を教えます。君たちにとっては大人のエゴのように聞こえるかもしれませんが、私たちの原動力は「君たちの夢」なのです。

ここで最初の「期待されること」に戻ってきますが、「期待する=君たちをコントロールする」という履き違えはしないでください。別にプレッシャーをかけているつもりもありません。一つ一つ積み重ねていきましょう。君たちを構成するのは普段の行動です。それが結果に結びつくことを願っています。




posted by スタッフ at 16:15| 受験生応援プロジェクト

2020年11月29日

【倉田教室より】受験生の皆さんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg


 12月に入りました。寒さが増し,本格的な受験シーズンに突入です。中3生,高3生の皆さん,体調崩されていませんか? 1日も無駄にすることなく常に勉強に打ち込める状態にできるよう,体調管理をしっかりしておきましょう。この本文を書いている私にも言えることです。


さて,倉田教室から皆さんにお伝えしたいことは2点です。

@入試本番では奇跡は起こらない! そして普段以上の力は出ない!

 入試で,奇跡が起きた,神がおりてきた,いつもよりよくできたなどたまに聞く言葉ですが,それは感覚的なものであり,例えあったとしてもそれはごくごく稀なことです(自分の予想していた問題が出題され,その問題は思った以上にできた,はあります)。普通はそんなことは起きません。

 特に緊張感ある入試本番では普段通りの力が出せれば万々歳であり,多くの生徒さんは「普段の力が出せなかった」「いつもよりできなかった」が普通です。つまり,ポイントは『普段の力を最大限upさせ,それを入試本番でいかに100%に近い形で発揮できるか』です。皆さん,入試本番では普段勉強していることがそのまま形となって解答に表れます。普段の勉強は,妥協することなく1つ1つ丁寧にすすめていきましょう。


A入試本番,後半の問題を解くための力を残しておけ!

 多くの入試問題は,最後の方に,多くの集中力を必要とするやや難しい問題が出題されます。「最初の方で頭を使いすぎ,後半の問題を解くのに,集中力も切れ,問題を解く余力が残っていなかった」はよく聞く話です。特に高得点を狙うには,後半の問題の攻略が欠かせません。

 したがって,前半の問題で頭を使わず,時間もかけず,いかに楽に解くかがポイントになってきます。特に数学では,解答を出すためにいくつかの方法があり,上記のポイントを満たす方法を身につけてほしいです。答えが出ればどんな方法でもいいという訳ではないということです。『ここぞというときに,抜群の集中力をもって全力で取り組める力を残しておく』ために,普段から楽な方法で問題を解けるよう,訓練していきましょう。


これからも皆さんを全力でサポートしていきます。一緒に大きな壁を乗り越えましょう。


posted by スタッフ at 11:13| 日記

2020年11月26日

【大元教室より】受験生の皆さんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

大元教室より

” 最高の準備をして本番に臨む "

 コロナ禍による先を見通しづらい状況の中、朝晩の肌寒さを感じる時期にもなり、ますます体調管理に注意しなければならなくなりました。受験生のみなさんの中には、すでに入試が始まったという人もいるかとは思います。良好な状態で本番に臨めるように、睡眠や食事にも気をつけた規則正しい生活を心掛けてくださいね。入試に向けてしておきたい準備の一つだと考えてもらえればと思います。

 次に学習面においての準備についてです。入試当日に、合格するために必要な合計点は何点なのか。そのためにはどの科目で何点取ればよいのかをまずは考えてください。そして、今度はその目標点に到達するにはどういう勉強をすればよいのかということを計画して実行することです。これを最後までやり抜くことは簡単ではありません。「もっと勉強しないといけない」と思う時はあるがなかなか続かない人や、「ちょっとサボってこのぐらいでいいだろう」と甘く考えてしまう人などいるのではないでしょうか。努力は自信の裏付けになります。受験生のみなさんが今するべき努力、それは学習の積み重ねに尽きます。

『もうこれで満足だという時は、すなわち衰えるときである。』

これは新しい1万円札の顔に決まった渋沢栄一さんの言葉です。自信をつけるための努力は最後までずっと取り組むべきです。

 本番までの時間は残り少なくなってきています。みなさんが最高の準備をして本番に臨むことができるように、我々も全力でサポートしていきたいと思います。


posted by スタッフ at 00:00| 受験生応援プロジェクト