小・中・高の一貫指導と少人数定員制の学習塾
0120-145510

2021年03月04日

【2021年度】春期講習募集開始!!

「新しい『始まり』へ期待し、希望する春」


明修塾では全教室にて「春期講習」を開講いたします。
新学年に向けての「スタートアップ」のために、ぜひご受講ください。

■講習期間:3月2 2日(月)から 4月 3日(土)
■対象学年:新小1から新高3全学年

2021-3-4_1.jpg

2021-3-4_2.jpg


*各教室ごとのスケジュールについてはこちらよりお尋ねください。


■内容案内:こちらからご確認ください。
posted by スタッフ at 13:04| 日記

2021年02月24日

【大元教室より】受験生の皆さんへ

大元教室


受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

 いよいよ入試当日が迫っている時期だと思います。いざ本番に臨むとなると、緊張してしまう人もいるかと思いますが、みなさんはどうでしょうか。

 試験で緊張してしまうのは、準備不足で不安だとか、試験に慣れていないとか、失敗は許されないというプレッシャーを感じてしまうことなどが原因だと思われます。

◎緊張をほぐす腹式呼吸について

呼吸が浅いと上半身が緊張しやすくなるため、あがりを引き起こす原因になります。腹式呼吸は横隔膜とその周辺の筋肉を動かします。胸式呼吸の5倍〜6倍の空気を吸うことができるので強くて深い呼吸ができます。

1.お腹を意識する。
 おへそから指三本分あたり下に手をあてます。このあたりをしっかり意識します。

2.口から息を吐く
 お腹をへこませながらゆっくりと口から息を吐きます。お腹がペッタンコになるくらい息を口から吐ききりましょう。

3.鼻から息を吸う。
 引っ込めたお腹をふくらませながら鼻から十分に息を吸います。口から息を吐き、鼻から吸うのをくりかえします。
(メディアで紹介されていました。参考まで。)

 もし緊張してしまっても、体得していることであればさほど影響はありません。本番で実力を発揮するには、少しでも努力を積み重ねることが最も重要です。最後までしっかりと練習を継続してください。

posted by スタッフ at 16:30| 日記

2021年02月08日

【倉田教室より】受験生の皆さんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

いくつか受験を終え、本命が近付いてきた人も多いのではないでしょうか。

今日は本番直前の過ごし方についての提案をしてみます。


しっかり寝て頭や体をすっきりさせてみませんか。


本番では、何より持っている力を出し切ることが大切です。

スポーツ選手の中には本番で自己最高記録を出す人もいますが、そうできるためにはとてつもない努力や精神力が必要でしょう。

どうすれば力を出し切れるのか分からないところが、我々生き物のおもしろいところでもあると思います。


しかし、疲れを取り前向きな気持ちで事に臨むことは、疲れてどんよりしたまま取り組むより絶対に良い結果を生むはずです。


不安で寝る気になれない人は、今までにやってできるようになった問題を見直しましょう。これは前にやってできるようになった、あれはどうだったかな、うんうん分かるぞ。

こう思えると自信がわき、気持ちが前向きになれます。


体や頭、心をしっかりリフレッシュさせて、今までの全力を出しに行ってらっしゃい!

続きを読む
posted by スタッフ at 22:11| 日記

2021年02月04日

【庭瀬教室より】受験生の皆さんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

庭瀬教室より

2月です。
受験生の皆さんはほとんどの人がもう本番をいくつか受けていると思います。そして焦りと後悔に何も手につかない人もいるかもしれません。

そこで、今の気持ちを紙に書いてみましょう。

 あの時ああ書けばよかった。
 あんなこと言うんじゃなかった。
 あそこ、時間があったらできていたのに…

書いているうちにだんだん落ち着いてくると思います。
過ぎてしまったことは過ぎてしまった。どうにもできない。
ならばこれからどうするか。

 でも今は何をしていても焦ってしまう。
 何が一番心配なのか。
 とりあえず単語は毎日やらなければ。
 しばらくやっていない科目があるから週に〇日、△曜日にやろう。

どうでしょう。具体的に何をするべきか、見えてきませんか。
これを頭の中だけでやると、このするべきことは頭のどこかに紛れて焦る気持ちがよみがえってきます。
するべきことが見えたらそれを別の紙に書き、本番までやり抜きましょう。
もちろん途中で修正してより良いものにしていただきたいものです。

思ったことを紙に書く。
気持ちの整理がついて、やるべきこと、やらなくていいことが見えてきます。

何か困ったことがあれば、学校の先生、塾の先生、受験会場の先生、外ではおまわりさん、
どうぞ大人を頼ってください。
きっと助けてくれます。
皆さんの周りの大人は、皆さんがうまくいくよう暖かく見守っています。
posted by スタッフ at 00:00| 受験生応援プロジェクト

2021年01月28日

【妹尾南教室より】受験生のみなさんへ

受験生応援プロジェクトロゴ_明修塾版.jpg

妹尾南教室より

気持ちの整理について


落ち着くために

いよいよ本番!いやもう始まった人、目の前にしている人…。試験直前。何をしたらいいのか見当がつかない。落ち着かない…。そんな人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、やりなれたことを繰り返してみましょう。今までやって終わった問題集。使い慣れた教科書。ラインマーカーだらけの参考書など。大きな声を出して音読するのもよいと思います。

 不安な気持ちを打ち消すためには、手を動かすことです。焦ったらがむしゃらに何かを書くこともよいと思います。漢字、単語、計算…なんでも書きまくりましょう。単純な作業でよいのです。勉強の取り掛かりには、まず書くことから始めましょう。

不安なのも、緊張するのもすべてみんな同じです。あなただけが不安にあふれていて、緊張でガチガチになっているわけではありません。


「ルーティーン」を作る

試験の前だからと、特別なことをしない。習慣を守る。いつも通りに過ごす。これは必要だと思います。

決まったことを決まったように行う。「ルーティーン」が大切だということです。「ルーティーン」と言えば、少し前でいえばラグビーの五郎丸選手でしょうか。何かに立ち向かうときに決まった動きをすることで、落ちる気を取り戻し、集中力を高めることが期待できます。自分のルーティーンを持っておくのもよいと思います。



自分自身を見つめよう


次の自分を見ることも必要かもしれません。未来の自分を。高校生になった自分を。大学生になった自分を思い描いてみてください。多分その顔は、明るい顔をしているでしょう。素敵な笑顔のはずです。

そして、今の自分を見直してみてください。鏡に映してみてよいですが、本当の自分は心の鏡に映っているはずです。今必要なことは何かを見つけてみてください。それが見えてくれば、あとは全力で取り組むだけです。見つからないようならば、明修塾の先生に聞いてみてください。困ったらいつでも聞いてください。いつも、最後までみなさんのそばにいます。



 残された時間はみな同じです。焦らず騒がず落ち着いて、やるべきことを淡々と進められるように。

頑張ってください。以上です。

posted by スタッフ at 00:00| 受験生応援プロジェクト